RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

湊かなえ 『告白』 読了

2010.06.19 Sat

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)
(2010/04/08)
湊 かなえ

商品詳細を見る



先日、ふとテレビのCMで映画『告白』のCMがやっているのを見ました。
一目見て、「あぁこれは面白いだろう」と感じました。
何やら演出がエヴァめいた演出・・・というかモロエヴァですね。



予告編のセンスが良い映画はたいてい面白いです。

映画を見る時間を取れないまま時は過ぎ、ある日の予備校にて。
担当のチューターが見事にこの映画の話をし始めたのです。
「こりゃもう見るしかないな」と。一期一会というかそういうものを感じとりました。
しかし、勉学と部活に忙しい私は映画を見る時間もまともに取れないため、原作小説を買って読む事に。

一作品の文庫小説をこうして読了したのはほぼ一年ぶりかと。久しぶりに夢中になって読書するのも悪くないですね。
それほど読書欲をかき立てるものがこの本にはあります。

あえて感想は書きません。このような作品を乏しいボキャブラリーで記すのは冒涜に値すると思います。
バトルロワイヤルを読んだ後のような気分に酔いしれたい方はどうぞお読みになってください。


なるほどな、と思った文↓

思春期の特徴として、ある時期、勉強やスポーツ、芸術面などの才能が急激に伸びる事があります。やればやるほど成果が出るので、自信がつき、さらにがんばろうと思います。自分の才能を過信しがちになる人もたくさんいます。しかし、有名なスポーツ選手にもスランプの時期があるように、才能はある程度伸びたところで必ず頭打ちになります。実は、ここからが本当の勝負のしどころなのです。所詮自分はこの程度だ、とそのまま下降線をたどっていく人。あせらず、結果がでなくとも努力を続け、現状維持する人。ここが踏ん張りどころとさらに努力し、次の上昇線に乗る人。 ~(中略)~ 大半は分岐点で下降線をたどることになった人たちです。「やればできる」のではなく「やることができない」のです。



スポンサーサイト
Category:読んだ本 | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |

化物語

2009.10.10 Sat
化物語(上) (講談社BOX)化物語(上) (講談社BOX)
(2006/11/01)
西尾 維新

商品詳細を見る


化物語(下) (講談社BOX)化物語(下) (講談社BOX)
(2006/12/04)
西尾 維新

商品詳細を見る


アニメさながら、話のテンポが速くて面白い。
この本で自分の語彙が相当増えた気がする。

Category:読んだ本 | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |

『オナマス』 改め、『キャッチャー・イン・ザ・トイレット!』 読了

2009.09.07 Mon
P1050217.jpg

以前、「クオリティたけぇ!」で話題になったweb小説『オナニーマスター黒沢』がついに書籍化の運びとなったらしく、買ってきました。
大人の事情でタイトルが『キャッチャー・イン・ザ・トイレット!』になっているのがせめてもの救いさ!

一昨日あたりの読売新聞朝刊の2面開いた下にでかでかと広告があって吹いたわw
重松清のコメントがなんともいえない(あの人の小説読むと死にたくなる)↓

P1050215.jpg


この調子で漫画のほうも書籍化しないかしら。

Category:読んだ本 | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |

【文化女中器】  「夏への扉 新訳版」 買った

2009.08.20 Thu
古典SF好きな私としてはバイブル的存在である「夏への扉」。
今日、参考書を買いに本屋さんに立ち寄ってみるとあるじゃありませんか!新訳版!

夏への扉 [新訳版]夏への扉 [新訳版]
(2009/08/07)
ロバート・A・ハインライン

商品詳細を見る


色彩鮮やかな水彩画の表紙で新書サイズになっています。
翻訳は、これまた好きな小説のひとつである『アルジャーノンに花束を』の小尾芙佐さん。
まだ読んでいないけれど、やっぱり確認しておきたい部分があります。

『文化女中器』

始めて読んだときは、どうみても「女性器」にしか見えなくて、しかもルビには「ハイヤードガール」というカタカナだけじゃ意味不明な文字。
原文では "hired girl" って書かれているのを見て、なんとか理解した。
しかし、「文化女中器」という翻訳はインパクトがあり、むしろ前衛的なそのネーミングセンスには、故福島正実氏へ畏敬の念を抱かざるを得ない。

新訳版だと、どのように訳されているのか?パラパラページを繰って該当のワードらしきものを発見。

『おそうじガール』

そう訳されるのか!

新訳版しか読んだことがない方にも、旧訳版をぜひオススメします!

夏への扉 (ハヤカワ文庫 SF (345))夏への扉 (ハヤカワ文庫 SF (345))
(1979/05)
ロバート・A・ハインライン

商品詳細を見る


Category:読んだ本 | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |

『英語の点と線』

2009.04.01 Wed
『英語の点と線』  分かりやすい「英会話の技術」 (角川SSC新書)『英語の点と線』 分かりやすい「英会話の技術」 (角川SSC新書)
(2009/03)
藤沢 晃治

商品詳細を見る


最初にクイズ、そして解説という流れで日本人が犯しやすい間違いを分かりやすく解説していて、読んでいてとても面白かった。
動作動詞を「点動詞」、状態動詞を「線動詞」などと作者の創作文法用語でテンポよく進むから、新書を読んでいる気がしない。

・今、決めた未来の予定、意思→will
・すでに今っていた未来、意志→be going to


だからAre you going to open the window?って言っちゃいけないのか・・・(窓を開けてくれませんか?的な意味で)

Category:読んだ本 | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。