RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

最近気がつくと変な絵を描いている

2009.08.27 Thu
自己診断ですが、恐らく自律神経失調症に今日一日だけ発症(以前は3日ほど苦しんだ。)
前は動悸、異常に喉が渇くという症状だったのに、今回は低血圧。
やる気が起きなくて大変だった。今日は勉強ちょっとしかやっていない・・・。低血圧は人格を破壊させるよ。
お風呂にゆったりと浸かったら、副交感神経が正常に切り替わったのか、お陰様でブログ書けるところまで回復しましたとさ。

話を本題に移しまして。
前から勉強の合間にスランプに陥るときがあるのですが、なぜか無意識に変な絵を描いているのですよ。
深層心理の表れってやつか・・・
以下、画伯の作品を一部紹介。


P1050156.jpg


P1050157.jpg


P1050158.jpg
↑たぶんこれ、幼少期に見たナウシカが未だにトラウマで、その影響がある・・・

スポンサーサイト
Category:写真 | Comment(1) | Trackback(-) | top↑ |

自律神経失調症

2009.08.27 Thu
また再発した…
今度は低血圧だ…
だるくて勉強できない…
デストルドーが異常なまでに上がってるよ…
病院行こうかな…

Category:その他 | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |

反体制の左翼とかみんな死ねばいいのに

2009.08.23 Sun


投稿者キチガイだろこれ。マジキチ。
国家権力に逆らっといて挙句の果てにネットにアップロードするという投稿者の「人間性」が垣間見えるよ。
だいたい職質なんて少し従えばすぐに終わるのに「拒否する」って何様だよ。任意とか関係ねーだろ。
こんな奴がいるから日本の治安が悪くなるんだよ。こういうカスみたいな連中はみんな国家反逆罪で射殺しろ。
いや、最低でも公務執行妨害で豚箱行きだろ。

Category:動画 | Comment(5) | Trackback(-) | top↑ |

【文化女中器】  「夏への扉 新訳版」 買った

2009.08.20 Thu
古典SF好きな私としてはバイブル的存在である「夏への扉」。
今日、参考書を買いに本屋さんに立ち寄ってみるとあるじゃありませんか!新訳版!

夏への扉 [新訳版]夏への扉 [新訳版]
(2009/08/07)
ロバート・A・ハインライン

商品詳細を見る


色彩鮮やかな水彩画の表紙で新書サイズになっています。
翻訳は、これまた好きな小説のひとつである『アルジャーノンに花束を』の小尾芙佐さん。
まだ読んでいないけれど、やっぱり確認しておきたい部分があります。

『文化女中器』

始めて読んだときは、どうみても「女性器」にしか見えなくて、しかもルビには「ハイヤードガール」というカタカナだけじゃ意味不明な文字。
原文では "hired girl" って書かれているのを見て、なんとか理解した。
しかし、「文化女中器」という翻訳はインパクトがあり、むしろ前衛的なそのネーミングセンスには、故福島正実氏へ畏敬の念を抱かざるを得ない。

新訳版だと、どのように訳されているのか?パラパラページを繰って該当のワードらしきものを発見。

『おそうじガール』

そう訳されるのか!

新訳版しか読んだことがない方にも、旧訳版をぜひオススメします!

夏への扉 (ハヤカワ文庫 SF (345))夏への扉 (ハヤカワ文庫 SF (345))
(1979/05)
ロバート・A・ハインライン

商品詳細を見る


Category:読んだ本 | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |

今日は有明のほうで戦争やってるらしいね

2009.08.14 Fri
今親戚の家

Category:その他 | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。