RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

近頃の教育ビデオのクオリティは高い

2009.03.07 Sat
先日、在学中である中学で家庭科の授業中に日本の食糧問題に関するDVDの映像を見せられましたが、その映像クオリティの高さに驚きました。
そして、どこかで見たようなデザイン。
映像の最後に「農林水産省」の文字を透かさず目撃したので色々と検索してみると、やはりそうでした。

映像は彼らが製作したものだそうです。

GROOVISIONS(グルーヴィジョンズ)とは、グラフィック、ムービー、プロダクトなど様々なデザインを行うデザイン集団。DJチームgroovequestを前身とする。1993年京都にて設立。97年より活動拠点を東京に移す。代表作は、顔のパーツは同じだが、髪型、服装、性別を変幻自在にできるキャラクターの「chappie」シリーズ。略称は「グルビ」または「GRV」。

Wikipediaより。



どこかで見覚えがあったのは、ニコニコ動画に投稿されていたこの動画を以前に見たせいだと思います。


デザインチームと官公庁の異色のコラボといったところでしょうか。

もう1つ驚いたのは農水省がYouTubeに「農林水産省チャンネル」を開設していて、そこで件の映像を公開している!ということ。
しかも、英語字幕入りで力入ってます。



農水省の公式サイト、「食料の未来を確かなものにするために」では、教師用解説ブックレット、カレンダーをPDFで配布していたり、件のDVDを390円で販売していました。

モーショングラフィックを多用した映像は素晴らしいし、解説も簡潔で非常に分かりやすく、映像にお役所イメージを持たせなかったのはすごいと思う。
外務省、防衛省とかも採用しないかなー。広報ビデオにいいと思う。

Category:その他 | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |
<<破の特報映像は「重量級」らしい | HOME | カフェイン>>
name
title
mail
url

[     ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。