RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

『崖の上のポニョ』 感想

2008.07.28 Mon
インディを見終わったあと、劇場内に鳴り響いた「ポーニョポーニョポニョ...」というBGMがなんだか、「ポニョを見ろ」という自分への暗示のような気がして見てしまいました。

ということで感想。
ネタバレを含むので注意。




思えばジブリ作品を劇場で見るのは『千と千尋の神隠し』以来。
ハウルやゲドは劇場で見る気はしなかった。(見なくて正解だったと思う)
けれど、今作はなんだか今までと雰囲気が違うので見ようという気がわいてきたので見ました。

まず、絵のクオリティがすごい。
アニメのデジタル製作が主流になっている中、全部手書き。
クラゲ1つ1つまで書かれていてさすがはジブリだと思った。
でも、自称金魚のポニョが不気味すぎる。
なんだあの人面魚は・・・お前はシーマンか!
足が生えるシーン(ここでもう気持ち悪い)から幼女モードになった際はすごく愛らしいキャラに見えますが、
一転して魚面モードになった際は非常に不快な顔になって不気味だった。
それが1つの面白味だったからいいですけれどw

ジブリ作品は芸能人を声優に起用するということを続けているみたいですが、
今作も芸能人を起用。
リサ役の山口智子さんの声は三石さんみたいな声で非常によかった。
だが、フジモト役の所ジョージはいまひとつ。
もうちょっと重みが欲しかったというか・・・

なにがなんだかわからないまま終わってしまって視聴者を置き去りにした感じ。
それまでの謎や伏線はすべて破棄して終わってしまった。
「おしまい」の文字が出たあと、すぐに「ポーニョポーニョ」ですよ。
しかも、エンディングロールが驚くほど短い。
まるでエヴァの「まごころを、君に」的な映画です。
もっと純粋に楽しめる作品がよかった。
次回は「ラピュタ」「ナウシカ」的なやつをお願いしますよ宮崎監督。

また、単純なストーリーであるせいか、いくらでも深読みできると思う。

見てて思ったのは中盤から物語は「死後の世界」になっているということ。
最初の津波が起きた際に既に宗介とリサは死んでおり、その後の世界は死者が彷徨っている世界になっている。
津波が起きてもみんなが冷静になっているのはそのせいだと思う。
船に乗っている人々は死者の世界へ行く途中の場面。
離れ離れになった宗介の魂は「ポニョ」という死神の姿が見えるようになり母親リサの姿を探し彷徨う。
トンネルでポニョが「怖い」というシーンがありましたが、これはトンネルの向こうが死者の世界であるからだと思う。
トンネルの向こうには既にリサが。
グランマンマーレという魔女との契約によって再び現世に蘇る。
つまり、ポニョは死神。老人ホームで婆さんがポニョを嫌がっていたのはこのせい。

ということを考えてしまいましたが、
既に妄想の域に達していますね。さーせん。
ググったら全く同じことを考えている人がいてワロタw


以上、散々言ってきましたが、
こういう偏った印象を持ったまま映画を見ても純粋には楽しめません。
俺も純粋に見れなかった一人です。
元々子供向きアニメ映画ですし、愛らしいキャラで微笑みながら見るのが一番なのです。
それがジブリですから。

点数 5.5点 (10点満点)

映画情報
崖の上のポニョ
2008年/日本/カラー/101分/配給:東宝

Category:映画 | Comment(3) | Trackback(-) | top↑ |
<<明日から箱根旅行 | HOME | 『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』 感想>>

あたし見に行こうと思ってたのになぁ……
- | 腐 | URL | 2008.07.28(Mon) 21:23:05 | [EDIT] | top↑ |


ぽーにょぽーにょぽにょ
さかなのこ♪
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄
 ノ ̄ ̄\______
ノ / /::::::ヽ
ヽ | |;///Vヘ|
 )L、 V (・),(・)|
 --(__へ__。_ノ

- | ★ | URL | 2008.07.28(Mon) 21:50:40 | [EDIT] | top↑ |

ぎゃー不気味な人面魚・・・
- | サキエル | URL | 2008.07.28(Mon) 22:11:31 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。